TOP > 偏頭痛という病気を探る > 食物アレルギーからくる偏頭痛

食物アレルギーからくる偏頭痛

それぞれの偏頭痛 食物アレルギーからくる偏頭痛 はコメントを受け付けていません。

米国ニューヨーク・タイムズで「原因不明の偏頭痛は、食物アレルギーによるものかもしれない」という記事が掲載されました。食物アレルギーを持った患者に、アレル源である食品を絶つように栄養指導をしたところ、偏頭痛が減ったという読者の体験の事例を紹介し、「突然の偏頭痛が起こったら、食物アレルギーの検査を受けることを勧める」というあくまでニューヨーク・タイムズの見解という形で、その記事は掲載されていました。

確かに、身体に起こる痛みは、体調の変調のお知らせであることが多いのです。だから、「痛み」には敏感にならなければなりません。頻繁に起こる痛みや、ある日突然起こった痛みも、その痛みは何らかの体調の異変のサインなのです。だから、頭痛を偏頭痛だと自己診断するのは、実はとっても危険なことなのです。

軽い偏頭痛で我慢できないほどでは無くても、気分の悪いものです。ストレスは精神的なものばかりではなく身体的な苦痛も脳はストレスと認識しますので、ストレスを頻繁に脳が感じていたのでは、ホルモンバランスが乱れたり、不眠症状が出たり、様々な二次症状だって引き起こしかねないのです。

偏頭痛を直すためなら、藁をもつかむ思いの人も多いでしょう。病院で受診しても原因のわからない頭痛でお悩みの方は、「偏頭痛」と諦めずに、一度食物アレルギー検査を受けてみたら良いかもしれません。自分では気付かなかった思わぬ食物アレルギーが発覚し、偏頭痛から解消される可能性もあります。

偏頭痛でお悩みのあなた! 一度あなたが日常的に摂っている食事を見直してみる良い機会かもしれません。

水分不足は偏頭痛を悪化させる

偏頭痛の誘因・原因をつきとめる 水分不足は偏頭痛を悪化させる はコメントを受け付けていません。

偏頭痛には、まだ詳しく解明されていない点が多いのですが、脳内の血管が膨らんで神経に触れて刺激するので、ズキン・ズキンという脈打つような痛みとなるわけです。そもそも、この血管の膨張は、脳の血流の乱れを解消しようとするために起こるといわれています。

そこで、この脳の血流が乱れることを防ぐことができれば、偏頭痛の頻度も減少するというふうに考えられています。そこで、水をたくさん飲むことで血液の流れが良くなるというのです。完全に血流改善とはいえませんが、脱水症状になると、血中の水分も減って、血液がドロドロになって確実に血流は悪くなります。だから、体内の水分の不足は偏頭痛には悪影響しか及ぼさないだろうという仮説です。

それに臨床的に、偏頭痛の発生頻度と水分不足は何らかの関係があるといわれています。医学的に証明されたわけではありませんが、昔から健康を維持する上で、水分不足は絶対に良くないことだと考えられてきました。特に加齢するほど、水分と健康の関連性は高くなるようです。

「1日水分を2リットルほど摂取するように!」と内科の診察時に医師は高齢者ほど注意を促すそうです。適度な運動をして水分を十分に摂取していれば、偏頭痛にも何らかの良い影響がある傾向も多いと、臨床現場で囁かれています。

他国でも、臨床の現場で普段より多めに水分を摂るように、小まめに水分を補給するように、と指導したところ偏頭痛が緩和され、偏頭痛の頻度も減少したというデータの報告もあります。

科学的根拠や医学的根拠が照明されたわけではありませんが、現実に偏頭痛が減少した人もいるのですから、やってみる価値はあるでしょう。