TOP > 偏頭痛という病気を探る > 偏頭痛を誘発する食べ物

偏頭痛を誘発する食べ物

偏頭痛の誘因・原因をつきとめる No Comments

私たちを悩ませている頭痛には、様々なタイプがあることがわかっています。

その中でも普段の食生活に深く関係のある頭痛のタイプがあることを、ご存知でしたでしょうか。その頭痛こそ、偏頭痛なのです。

「深く関係のある~」…それはある食べ物・飲み物を摂取した時に、偏頭痛を発症しやすいことを意味します。

例えば偏頭痛を発症する代表的な飲み物として、赤ワインが挙げられます。
(※今では赤(白)ワインは、アルコールとして代表的な飲み物になっています。)

しかし赤ワインの中にはポリフェノールが含まれていて、そのポリフェノールが偏頭痛を誘発する要素と考えられているのです。
(※ポリフェノール…植物に多く含まれる色素や苦味成分で、活性酸素を除去する抗酸化効果が強い成分です。)

また赤ワインを飲みながら、おつまみとしてチョコレートやチーズを摂取したのであれば…それは最悪のパターンかもしれません。

実はチョコレートやチーズも、偏頭痛を誘発する食べ物だからです。

老若男女問わず、赤ワインを好んで飲む方は大勢いると思います。

そしてついついおつまみとして、チョコレートやチーズを食べてしまうこともあると思います。

しかし偏頭痛を発症しないためには、摂取量を注意する必要があるのです。

頭痛の種類について

偏頭痛という病気を探る No Comments

日本人の40%が悩んでいるといわれる頭痛は、大きく2つの種類に分類することができます。

○一次性頭痛…
一時性頭痛とは、明確な原因がわかっていない頭痛をいいます。そして最も顕著な例として、偏頭痛が挙げられます。
(※その他…緊張型頭痛/群発頭痛)

偏頭痛は慢性的に発症する頭痛であり、その症状が何年にもわたって繰り返されます。そして、完治するのが難しいとされています。

偏頭痛が発症する原因として様々なことが言われていますが…医学的見地から検証すれば…血管を取り巻く三叉神経に刺激が加わる→その周囲が炎症を起こす→そして、血管が拡張することによって、悩ましい頭痛を発症すると考えられています。

○二次性頭痛…
二次性頭痛とは、明確な原因がわかっている頭痛をいいます。明確な原因とは…脳腫瘍/髄膜炎/脳内出血・脳梗塞といった脳血管障害を発症することによって引き起こされる頭痛です。二次性頭痛の場合、生命を脅かす可能性を含む痛みでもあるため、非常に危険な兆候だと考えられます。
(※ちなみに風邪/二日酔いによる頭痛も、二次性頭痛に含まれます。)

一時性頭痛にしろ二次性頭痛にしろ、私たちを悩ませる痛みを発症することに間違いはありません。

それ故、私たちは「たかが頭痛」と侮ってはいけないのです。