TOP > 偏頭痛という病気を探る > 水分不足は偏頭痛を悪化させる

水分不足は偏頭痛を悪化させる

偏頭痛の誘因・原因をつきとめる 水分不足は偏頭痛を悪化させる はコメントを受け付けていません。

偏頭痛には、まだ詳しく解明されていない点が多いのですが、脳内の血管が膨らんで神経に触れて刺激するので、ズキン・ズキンという脈打つような痛みとなるわけです。そもそも、この血管の膨張は、脳の血流の乱れを解消しようとするために起こるといわれています。

そこで、この脳の血流が乱れることを防ぐことができれば、偏頭痛の頻度も減少するというふうに考えられています。そこで、水をたくさん飲むことで血液の流れが良くなるというのです。完全に血流改善とはいえませんが、脱水症状になると、血中の水分も減って、血液がドロドロになって確実に血流は悪くなります。だから、体内の水分の不足は偏頭痛には悪影響しか及ぼさないだろうという仮説です。

それに臨床的に、偏頭痛の発生頻度と水分不足は何らかの関係があるといわれています。医学的に証明されたわけではありませんが、昔から健康を維持する上で、水分不足は絶対に良くないことだと考えられてきました。特に加齢するほど、水分と健康の関連性は高くなるようです。

「1日水分を2リットルほど摂取するように!」と内科の診察時に医師は高齢者ほど注意を促すそうです。適度な運動をして水分を十分に摂取していれば、偏頭痛にも何らかの良い影響がある傾向も多いと、臨床現場で囁かれています。

他国でも、臨床の現場で普段より多めに水分を摂るように、小まめに水分を補給するように、と指導したところ偏頭痛が緩和され、偏頭痛の頻度も減少したというデータの報告もあります。

科学的根拠や医学的根拠が照明されたわけではありませんが、現実に偏頭痛が減少した人もいるのですから、やってみる価値はあるでしょう。

産後に偏頭痛の症状が出ることがある

偏頭痛の誘因・原因をつきとめる 産後に偏頭痛の症状が出ることがある はコメントを受け付けていません。

出産後、偏頭痛に悩まされるママたちが多いようですが、その原因は、子育てのストレスやエストロゲンというホルモンの減少が大きく関わっているといわれています。ホルモンバランスが崩れると身体の至る所に変調が現れます。偏頭痛もその一つです。

そもそも、どうして産後にエストロゲンというホルモンが減少するのでしょう? それは、妊娠すると、女性の身体は、子宮内で赤ちゃんを育てられるような身体に変わっていかなければなりません。

子宮の中の赤ちゃんを、守り育てられるように、体内の免疫力や栄養が赤ちゃんに優先されるようになります。そして生まれたら、母乳がしっかり出るように、妊娠すると乳腺が発達していきます。これら全ての身体の変化が主に、エストロゲンというホルモンの働きによるものなのです。

しかし、出産した途端に今度は、ママは赤ちゃんを体外で育てる体内環境にしないといけません。このような理由で、出産後にエストロゲンは低下しますが、代わりにプロラクチンという母乳分泌ホルモンが豊富に分泌され始めます。

だから出産後は、妊娠中に発達した乳腺で母乳が作られ、赤ちゃんに与えるために胸がパンパンに大きくなってしまいます。そして、赤ちゃんが離乳食の時期になると母乳は自然と出なくなり、大きかった胸も萎んで本来の大きさに戻ってしまいます。プロラクチンも減少してしまいます。

出産後は赤ちゃんの成長に合わせて、急激に分泌されるホルモンが次々に変わって、身体のホルモンバランスは滅茶苦茶です。このホルモンバランスの乱れが落ち着いた状態に戻るまで、かなりの時間がかかります。このホルモンバランスが乱れている間に偏頭痛が生じるといわれています。

偏頭痛には入浴が逆効果の場合がある?

偏頭痛の誘因・原因をつきとめる 偏頭痛には入浴が逆効果の場合がある? はコメントを受け付けていません。

一般的に血管が拡張すると酸素や栄養素が身体じゅうに満たされて、筋肉が柔らかくなります。脳だって、酸素や栄養分がたくさん運ばれると、脳の働きが良くなります。五感で集めた情報は、電気信号となって血液によって運ばれます。血流の流れが良くなると、電気信号がスムーズに運ばれて思考能力もアップします。そういう意味でも、お風呂でリラックスすると思考が整理されたりします。

だからお風呂は、自宅エステや、疲労回復効果や、ダイエット効果、デトックス効果だってあります。血流が良くなるということは、血管の壁も軟らかくなって血管が拡張します。だから筋肉のコリもほぐれ、疲労回復効果があるのです。身体の疲労だけでなく、精神的な疲労回復効果もあります。

しかし、入浴にはこのように良い効果ばかりではありません

実は、偏頭痛のメカニズムは、脳の血管拡張によって、その拡張した血管が神経に触れて「ドクン・ドクン」と血液の流れと同じリズムで頭痛が起こります。生あくびが続いているときや身体がだるい時にお風呂に入るのは危険です。お風呂で寛いでリラックスして血管が拡張してしまうと、生あくびだけだった偏頭痛の前兆が、前兆ではなく激しい偏頭痛が起こってしまいます。

理由は、偏頭痛の前兆状態だった脳内の血管が、お風呂でリラックスすることで血管の膨張を手伝って、膨張しすぎた血管が神経に触れて偏頭痛が起きてしまいます。リラックスすればするほど、血流が良くなり、痛みの感覚も敏感になってしまいます。従って、同じ痛みでも、ますます偏頭痛がひどくなった気がします。

偏頭痛が起きているとき、その前兆があるとき、お風呂に入るのは逆効果になってしまいます。

心疾患と偏頭痛の関連性

偏頭痛の誘因・原因をつきとめる No Comments

医学会では以前より、心臓の障害と、脳卒中などの血管の障害、そして偏頭痛との関連性について研究されてきました。

 最近のある研究では、偏頭痛の発作を持つ人は持たない人に比べ、心臓発作を起こすリスクが約2倍、その中でもとくに、発作の前になんらかの前兆(おもに、閃輝暗点と言われる、チカチカしたフラッシュのような視覚障害)を起こす人については、起こさない人に比べて約3倍もリスクが高いという報告もなされています。

 なぜ頭痛、とくに偏頭痛が、心臓病のリスクにつながるのでしょうか。

 実際のところ、具体的な関連性については、詳しくはまだわかっていません。ただし、ひとつの可能性として、「アテローム性動脈硬化症」の目安になる、偏頭痛発作があるのではないかと言われています。

 アテローム性動脈硬化症とは、動脈硬化の一種で、高血圧や高血糖などで血管の内膜が傷つき、そこに血中コレステロールがたまり、アテローム(粥状の固まり)になることで血管が硬化してしまう症状のことを指します。アテロームで硬化した血管とは、例えるならば、内側が泥で汚れて詰まったホースのようなもの。内側が汚れたホースは、水を流そうとしても詰まって破裂してしまいますよね。同様に、アテロームの蓄積で細くなった血管は、血栓を詰まらせやすいため、動脈硬化を引き起こしやすいのです。

 偏頭痛は、脳や頭部表皮の血管が急激に拡張し、その周囲にある神経を過剰に刺激してしまうことで起こる頭痛と言われています。偏頭痛はそのメカニズムがまだ明確になっていない点も多いため一概には言えませんが、硬化した血管が、拡張や伸び縮みに付いていけなくなることで、頭痛を引き起こしている可能性が考えられます。

 もしこの仮説が正しいとすると、偏頭痛の患者の多くは、弱った血管であることが多いとみなされ、ということは、心臓の血管も弱っていることが考えられます。したがって、心臓病や心疾患、心筋梗塞などを合併して引き起こすリスクが高いのではないか、と考えられるのです。

 もちろん上記の説は、「偏頭痛の発作を持つ方が必ずしも将来心疾患を患う」ということではなく、あくまで仮説です。しかし、偏頭痛の発作や、血管の梗塞の有無にかかわらず、できるだけ高コレステロールな食事は避け、血圧に気を配った生活を送る方が、健康的な将来を迎えられることは間違いありません。

 今現在で偏頭痛の発作を持つ方も、そこまで深刻な症状ではない方も、あるいは高血圧や高脂血症など血管に疾患を持つ方は、いちど、動脈硬化の予防を行ったり、ストレス解消を行ったりするなど、血管に負担のかからない生活を送れているかどうか、生活習慣の見直しを行うといいかもしれません。

偏頭痛を起こしやすい生活習慣

偏頭痛の誘因・原因をつきとめる No Comments

偏頭痛は、その原因の解明が、まだ明確にはなされていません。頭痛が起きている際には、薬を服用するなど、症状に対処することが大切です。

 しかし、頭痛が慢性的になっている場合、もしかしたら、生活のリズムが原因の場合も考えられます。

 毎日バラバラの時間に眠るなど、不規則な生活を送ると、頭痛が慢性化してしまうことがあります。とくに昼夜が逆転するような生活を続けていると、脳が常に疲れてストレスが溜まります。すると、自律神経を狂わせ、機能を低下させてしまいます。

 自律神経の機能が悪くなると、日常生活の中で、緊張と緩和の対処がうまくできなくなります。すると、眠る前のリラックスすべきときに興奮しっぱなしになったり、朝シャキッと目がさめず、ベッドからおきあがれなくなったり、日常生活に支障をきたしてしまうことになります。

 緊張と緩和のバランスが取れず、体が緊張しっぱなしになると、肩こりなど体のこわばりなども招きやすくなり、そこから緊張型頭痛を招いてしまうことが多くなります。そして緊張型頭痛が慢性化すると、緊張状態からすこしでもリラックスした際に、血管が拡張した反動で、偏頭痛を引き起こしやすくなってしまいます。

 このように、自律神経の調子を整えることは、頭痛を招きづらい体を作るためにも非常に大切なのです。

 自律神経の乱れに心当たりがある方は、生活習慣、とくに睡眠を見直し、少しでも頭痛が起きにくい環境に整えることが大切です。

 睡眠は、時間の長さだけでなく、寝る時間帯も大切です。とくに夜22時から明け方3時までの5時間は、大人であっても成長ホルモンが分泌される時間帯です。この時間帯に眠るようにできると、自律神経の働きも効率的に整えることができるでしょう。そして、朝目覚めたら日の光を浴びると、体が「朝になった」と認識し、きちんと目がさめるようになります。こういった、夜は眠り、朝は起きるという動作を習慣化することで、自律神経を回復させると、必要以上に緊張しない体を作ることができるのです。

 ただし、十分な睡眠は大切ですが、過剰に睡眠をとるのは、頭痛によくないといされています。睡眠をとりすぎると、脳の血管が必要以上に広がりやすくなり、結果、偏頭痛を招くと言われています。たとえば、休日などに「寝だめ」問いって、一日ゴロゴロしてしまうことなどがありますが、生活のリズムも狂わせてしまうので、休みの日であっても、ウィークデーと同じように、朝起きて夜眠り、適切な睡眠をとることが望ましいでしょう。

偏頭痛の予防薬について

偏頭痛の誘因・原因をつきとめる No Comments

偏頭痛の発作があまりにもひどい場合、医師によっては予防薬を処方するところもあります。

当然のことですが、医師は偏頭痛の予防薬を継続しながらも、副作用等々をしっかり検討した上で処方しなければなりません。

そして医師はその予防薬が有効であった場合、「徐々に投与量を減らし、最終的には薬物療法を中止→偏頭痛を完治させる。」ことを目標にしています。

では医師が偏頭痛の予防薬を処方する場合、一体何を判断しているのでしょうか。

○偏頭痛の発作頻度が増えている場合(=発作頻度は、1ヵ月2~3回が目安になります)。
○偏頭痛の発作頻度は少ないが、発作の症状が重症で日常生活に支障をきたすと考えられる場合。
○一般的に処方される治療薬で、あまり効果が見られない場合。
○通常の治療薬でも十分効果があるが、その治療薬によって副作用が起こる場合。
○偏頭痛の前兆が長引く場合。
○偏頭痛患者が精神的にもろいため(=弱い)、偏頭痛が発症した時の痛みに耐えることができない場合。
○偏頭痛患者の病歴によって、偏頭痛の治療薬を使うことができない場合。

このように偏頭痛の予防薬を使用する場合、様々な判断をチェックしたうえで初めて処方することができるのです。

偏頭痛を予防する食べ物

偏頭痛の誘因・原因をつきとめる No Comments

前項では、偏頭痛を誘発する食べ物&飲み物について触れてみました。

逆に偏頭痛を予防するために、摂取すべき食べ物&飲み物があるのでしょうか。

最も偏頭痛を予防する食べ物として、マグネシウムを豊富に含む緑黄色野菜が挙げられます。

マグネシウムは、身体に必要な成分の1つであることはいうまでもありません。

事実、マグネシウム成分が不足してしまうと、身体に様々な症状を引き起こしてしまいます。

「めまい」「疲れが取れにくくなる(=慢性的な疲れ)」「ストレス」「こむらがえり(足がつる)」等々…

偏頭痛の場合…マグネシウム不足→血管が痙攣(けいれん)を発症しやすくなる→結果として痛みに敏感になり、ちょっとしたことで偏頭痛の痛みを感じるようになります。
(※統計を取ってみると、偏頭痛を発症している人の50%以上がマグネシウム不足に陥っています。)

では何故、これほどまでマグネシウムは偏頭痛を予防するのに役立っているのでしょうか。

それはマグネシウムを摂取することによって、血管の収縮を防ぐことができるからです。
(※血管の収縮が起こらなければ、偏頭痛は発症しにくくなります。)

血管の収縮を防ぐ→筋肉の収縮も和らげることが、偏頭痛の予防になります。

偏頭痛に悩まされている方は、是非、緑黄色野菜を豊富に摂取するようにしてください。

偏頭痛を誘発する食べ物

偏頭痛の誘因・原因をつきとめる No Comments

私たちを悩ませている頭痛には、様々なタイプがあることがわかっています。

その中でも普段の食生活に深く関係のある頭痛のタイプがあることを、ご存知でしたでしょうか。その頭痛こそ、偏頭痛なのです。

「深く関係のある~」…それはある食べ物・飲み物を摂取した時に、偏頭痛を発症しやすいことを意味します。

例えば偏頭痛を発症する代表的な飲み物として、赤ワインが挙げられます。
(※今では赤(白)ワインは、アルコールとして代表的な飲み物になっています。)

しかし赤ワインの中にはポリフェノールが含まれていて、そのポリフェノールが偏頭痛を誘発する要素と考えられているのです。
(※ポリフェノール…植物に多く含まれる色素や苦味成分で、活性酸素を除去する抗酸化効果が強い成分です。)

また赤ワインを飲みながら、おつまみとしてチョコレートやチーズを摂取したのであれば…それは最悪のパターンかもしれません。

実はチョコレートやチーズも、偏頭痛を誘発する食べ物だからです。

老若男女問わず、赤ワインを好んで飲む方は大勢いると思います。

そしてついついおつまみとして、チョコレートやチーズを食べてしまうこともあると思います。

しかし偏頭痛を発症しないためには、摂取量を注意する必要があるのです。

偏頭痛治療にボトックス注射 by イギリス

偏頭痛の誘因・原因をつきとめる No Comments

みなさんは、美容治療に使われるボトックス注射をご存知でしょうか。
○ボトックス注射…主にシワを目立たなくさせるために使われていて、筋肉の動きに関わる神経伝達物質を抑制する効果があります。)

実はイギリスにおいて、このボトックス注射が偏頭痛治療薬として、保険診療の対象になるといわれているのです。

何故、美容治療に使われているボトックス注射が、保険診療に適用されることに至ったのでしょうか。

実は英国立臨床評価研究所によると…
偏頭痛患者に既存の偏頭痛治療薬3種類を投与したにも拘わらず、まったく効果の程が現れなかったため、ボトックス注射を投与したと…

その結果、「ボトックス注射が劇的に偏頭痛の効果に繋がった。」という報告を発表したのです。
(※もちろんそれ以前に様々な治験を通して、ボトックス注射が偏頭痛に効果があることを実証し続けています。)

現在、英国立臨床評価研究所は「ボトックス注射が偏頭痛予防薬に効果がある。」と最終指針案をまとめています。

そして最終指針の公開から、3ヵ月以内に保険診療対象になるそうです。

イギリス国民にボトックス注射が認められるようになれば…日本でも保険診療に適用される日が訪れるかも…しれません。

偏頭痛のメカニズム

偏頭痛の誘因・原因をつきとめる No Comments

慢性的・原因不明…偏頭痛は、未だに明確な治療方法が見つかっていない症状の1つと言えます(ある程度、抑えることは出来ていますが)。そして慢性的・原因不明と言われている偏頭痛は、一体どのようなメカニズムによって引き起こされているのでしょうか。
一般的な考えとして、偏頭痛は頭の一部の血管が拡張することで、「炎症を起こす⇒頭痛を生じる」と言われています。そして、血管が拡張する要因として「生活する上で発生する刺激・ストレス」「生きていくうえで必要な食べ物の摂取」「脳内伝達物質」等々が、原因となっていると考えられています。しかし、それらはあくまでも推測の要因であって、偏頭痛が発症する明確な原因となっていないのが実情です。
そうした実情の中で、偏頭痛が発症する2つの説(メカニズム)が、一般的によく知られています。それが「血管説」と「三叉神経血管説」です。

○血管説=
脳の血管は、「収縮―拡張」を絶えず繰り返しています。そして何らかの原因によって、血液中の血小板からセロトニンが放出されます(=セロトニンの放出によって、脳の血管収縮が行われているわけです)。セロトニンが放出されたことで収縮した血管…時間が経過すれば、セロトニンは徐々に分解されていきます。つまり「収縮⇒拡張」に変わっていく段階で、頭痛を生じる=これが偏頭痛のメカニズムだと言われています。

○三叉神経血管説=顔面周辺の感覚を司る三叉神経…脳神経の中でも、最も大きい神経です。この三叉神経が偏頭痛に関与しているのでは!と言われています。脳内から発生する刺激・外界から生じる刺激…これらの刺激によって三叉神経も刺激を受ける⇒三叉神経の末端部分から、血管を拡張させる様々な神経伝達物質が分泌される⇒それらの要因によって、血管が拡張してしまい炎症が起こる⇒炎症部分が神経を刺激する⇒偏頭痛を発症させる=これが偏頭痛のメカニズムだと言われています。

「血管説」と「三叉神経血管説」…どちらの説でもキーポイントなること、それは「血管の拡張」です。急激な血管の拡張を促進させる物質(要因)が判明できれば、偏頭痛の原因解明もできるのだと思います。確かに現在の医学において、偏頭痛のすべてが解明されているわけではありません。しかし急激な進歩をし続ける医学の中で、「解明できないものはない」と信じています。必ず近い将来、偏頭痛のメカニズム⇒原因が解明され、偏頭痛に悩まされていた多くの人が、職場・学校で元気にしている姿を目にすることと思います。