TOP > 偏頭痛という病気を探る > 薬局でも即効性がある頭痛薬がある

薬局でも即効性がある頭痛薬がある

偏頭痛という病気を探る 薬局でも即効性がある頭痛薬がある はコメントを受け付けていません。

薬局で市販されている頭痛薬にも、病院で処方されるものと同程度の即効性があるものもあります。市販の鎮痛剤には3種類あって、箱の裏の成分を見ればどの種類の頭痛薬かわかります。

①非ピリン系
アスピリン・アセトアミノフェン・エテンザミド等が代表的な成分で、最もポプラーといっても過言ではありません。風邪薬で「ピリン系は強いのでアレルギー症状を起こしてしまう」というのを聞いたことがありませんか? これらの成分は、非ピリン系なので、ピリン系に比べ軽~中程度の頭痛に効果的です。ひどい頭痛にはあまり効果がありません。その代わり副作用も一番少ない鎮痛剤です。

②イブプロフェン系
医療用の薬剤で市販が許された成分の一つです。病院で処方される鎮痛剤と同じなので、即効性・解熱・鎮痛作用・抗炎症作用にも効果は大きいでしょう。病院で一般的に風の解熱剤で処方されるのはこの薬です。副作用も比較的小さいほうですが、ごく稀にかゆみや発疹や喘息が起こる場合もありますので、少しでも副作用の症状が出たら医師にかかりましょう。喘息の持病がある人は避けた方が良いでしょう。

③ピリン系
医療用の薬剤で市販が許された成分の一つです。病院で処方される風邪薬にもピリン系が多いのですが、稀に体質的にアレルギーを引き起こし、合わない人もいるので、風邪薬でピリン系がダメな人は、鎮痛剤でも同じです。しかし神経中枢に作用し、鎮痛に即効性があり効果が非常に強い頭痛薬です。しかし、購入する前に薬剤師に相談することをお勧めします。

薬剤師に自分の症状を話して、どの頭痛薬が合うのか相談してから自分の頭痛に合った鎮痛剤を選んでもらってから購入することをお勧めします。

産後に偏頭痛の症状が出ることがある

偏頭痛の誘因・原因をつきとめる 産後に偏頭痛の症状が出ることがある はコメントを受け付けていません。

出産後、偏頭痛に悩まされるママたちが多いようですが、その原因は、子育てのストレスやエストロゲンというホルモンの減少が大きく関わっているといわれています。ホルモンバランスが崩れると身体の至る所に変調が現れます。偏頭痛もその一つです。

そもそも、どうして産後にエストロゲンというホルモンが減少するのでしょう? それは、妊娠すると、女性の身体は、子宮内で赤ちゃんを育てられるような身体に変わっていかなければなりません。

子宮の中の赤ちゃんを、守り育てられるように、体内の免疫力や栄養が赤ちゃんに優先されるようになります。そして生まれたら、母乳がしっかり出るように、妊娠すると乳腺が発達していきます。これら全ての身体の変化が主に、エストロゲンというホルモンの働きによるものなのです。

しかし、出産した途端に今度は、ママは赤ちゃんを体外で育てる体内環境にしないといけません。このような理由で、出産後にエストロゲンは低下しますが、代わりにプロラクチンという母乳分泌ホルモンが豊富に分泌され始めます。

だから出産後は、妊娠中に発達した乳腺で母乳が作られ、赤ちゃんに与えるために胸がパンパンに大きくなってしまいます。そして、赤ちゃんが離乳食の時期になると母乳は自然と出なくなり、大きかった胸も萎んで本来の大きさに戻ってしまいます。プロラクチンも減少してしまいます。

出産後は赤ちゃんの成長に合わせて、急激に分泌されるホルモンが次々に変わって、身体のホルモンバランスは滅茶苦茶です。このホルモンバランスの乱れが落ち着いた状態に戻るまで、かなりの時間がかかります。このホルモンバランスが乱れている間に偏頭痛が生じるといわれています。