TOP > 偏頭痛という病気を探る > 偏頭痛のメカニズム

偏頭痛のメカニズム

偏頭痛の誘因・原因をつきとめる No Comments

慢性的・原因不明…偏頭痛は、未だに明確な治療方法が見つかっていない症状の1つと言えます(ある程度、抑えることは出来ていますが)。そして慢性的・原因不明と言われている偏頭痛は、一体どのようなメカニズムによって引き起こされているのでしょうか。
一般的な考えとして、偏頭痛は頭の一部の血管が拡張することで、「炎症を起こす⇒頭痛を生じる」と言われています。そして、血管が拡張する要因として「生活する上で発生する刺激・ストレス」「生きていくうえで必要な食べ物の摂取」「脳内伝達物質」等々が、原因となっていると考えられています。しかし、それらはあくまでも推測の要因であって、偏頭痛が発症する明確な原因となっていないのが実情です。
そうした実情の中で、偏頭痛が発症する2つの説(メカニズム)が、一般的によく知られています。それが「血管説」と「三叉神経血管説」です。

○血管説=
脳の血管は、「収縮―拡張」を絶えず繰り返しています。そして何らかの原因によって、血液中の血小板からセロトニンが放出されます(=セロトニンの放出によって、脳の血管収縮が行われているわけです)。セロトニンが放出されたことで収縮した血管…時間が経過すれば、セロトニンは徐々に分解されていきます。つまり「収縮⇒拡張」に変わっていく段階で、頭痛を生じる=これが偏頭痛のメカニズムだと言われています。

○三叉神経血管説=顔面周辺の感覚を司る三叉神経…脳神経の中でも、最も大きい神経です。この三叉神経が偏頭痛に関与しているのでは!と言われています。脳内から発生する刺激・外界から生じる刺激…これらの刺激によって三叉神経も刺激を受ける⇒三叉神経の末端部分から、血管を拡張させる様々な神経伝達物質が分泌される⇒それらの要因によって、血管が拡張してしまい炎症が起こる⇒炎症部分が神経を刺激する⇒偏頭痛を発症させる=これが偏頭痛のメカニズムだと言われています。

「血管説」と「三叉神経血管説」…どちらの説でもキーポイントなること、それは「血管の拡張」です。急激な血管の拡張を促進させる物質(要因)が判明できれば、偏頭痛の原因解明もできるのだと思います。確かに現在の医学において、偏頭痛のすべてが解明されているわけではありません。しかし急激な進歩をし続ける医学の中で、「解明できないものはない」と信じています。必ず近い将来、偏頭痛のメカニズム⇒原因が解明され、偏頭痛に悩まされていた多くの人が、職場・学校で元気にしている姿を目にすることと思います。

偏頭痛を引き起こす誘因

偏頭痛の誘因・原因をつきとめる No Comments

思春期の頃に発症し、大人になっても悩まされ続ける症状の1つ…それが偏頭痛です。そして、偏頭痛は慢性的な痛みの繰り返しとも言われています。みなさんは偏頭痛を引き起こす誘因となるべき事柄が、実際多く挙げられていることをご存知でしたでしょうか。偏頭痛に悩まされている方は、今から取り上げる事例を、自分自身に当てはめてみてください。きっと、偏頭痛を引き起こしている手がかり(誘因)を得ることができると思います。

○過労などによる睡眠不足・精神的ストレス=「週末頭痛」という言葉を聞いたことあるでしょうか。平日はハードな業務に追われ、精神的ストレスも溜まっていくばかりです。しかし週末になると、仕事からも解放され緊張感も緩みます。すると同時に、今まで溜めこんでいた精神的ストレスも噴き出してしまい、偏頭痛を発症してしまう…つまり、睡眠不足・精神的ストレスが誘因となっているのです。

○女性ホルモンのバランス変化=女性ホルモンの分泌量が、偏頭痛を引き起こす誘因と言われています。月経時はホルモン分泌量も多いため、偏頭痛の誘因をしやすく、逆に妊娠期間中などは女性ホルモンの安定によって、偏頭痛の誘因にされにくいと言われています。

○遺伝=家族・親戚の中に偏頭痛持ちの人がいれば、その遺伝性が誘因となり偏頭痛を発症すると言われています。最も顕著な例として、[母親―娘]の遺伝性が挙げられます(母親が偏頭痛であれば、娘も偏頭痛の可能性が高い)。

○食べ物=
食べ物に関しては、様々な憶測が飛び交っています。その中で最も言われているのは、防腐剤と使われている亜硝酸塩・グルタミン酸といった添加物が、偏頭痛の誘因に関わっていると…(食べ物については、頭痛ダイアリーで自分自身の症状と照らし合わせることで、何が誘因なのかチェックする手段も考えられます)。

○空腹…
ダイエット実践中ということで、朝食を摂らないと…血糖値低下が誘因となり、偏頭痛を発症することも…。

○季節の変わり目・気候の変化=
誘因としての低気圧は、非常に知られています(低気圧が近づくと偏頭痛を発症)。また、冷暖房が直接頭に当たることが誘因となり、偏頭痛を発症することも…。

このように、偏頭痛の誘因をいくつか挙げてみました。もちろん、女性ホルモンの分泌・遺伝・低気圧などの誘因は対応のしようがありませんが、それ以外は十分誘因を防ぐことが出来るのではないでしょうか。偏頭痛に悩まされているみなさん、是非、くじけることなく自分自身の誘因となるものを見つけ出して防いでください…偏頭痛に惑わされない日々を過ごすためにも…。

放って置くと怖い頭痛

偏頭痛の誘因・原因をつきとめる No Comments

「頭痛ぐらいなら放っておけば、直に治るだろう。」…普通、私たちは頭痛=軽症と認識し、まず病院へ行く必要もないと考えていると思います。しかし、自分自身にしかわからない「おかしい、何かが違う。いつもの頭痛ではない。」と感じたのであれば、すぐに治療院へ行くことをお勧め致します。確かに偏頭痛などを含む頭痛は、命にかかわる危険性を伴う・重篤な症状を引き起こすようなことは滅多にありません。しかし、ごく稀に頭痛の症状が生命の危険を伴っていることも、私たちは事実として受け止めなければならないのです。
ここでは、「どのような頭痛の症状が、危険性を含んでいるのか。」チェックしてみたいと思います。

・意識障害を引き起こしている頭痛(意味不明な言葉を発している頭痛)=このような症状の頭痛の場合、脳内出血・脳梗塞・くも膜下出血・脳腫瘍・脳炎・髄膜炎・慢性硬膜下血腫等々を引き起こしている可能性があります=死に直面している状況だと言えます。
・物が二重に見えたりする頭痛=緑内障の危険性が含まれています(失明の危険性も…)。
・耳鳴りを起こし、耳の前から額にかけて断続的な激しい頭痛=側頭動脈炎の危険性を含んでいます(側頭動脈炎=動脈の炎症を引き起こす症状で、主にご高齢の方に発症します)。側頭動脈炎をそのまま放っておくと、視力障害・外眼筋マヒ・心筋梗塞などの原因にもなり得ます。迅速な治療が必要と言えます。

その他、必ず治療院の診察を受けるべきだと考えられる頭痛として…今までに経験したこともない激しい頭痛・突然の激しい頭痛・頭痛発症後、高熱を出す・頭痛によって高血圧を伴う症状・いつも処方されている鎮痛薬が全く効かない等々…これらの頭痛の症状は、何かしら重篤な病気を併発(誘因)している可能性が大きいと言えます。

また少し余談になりますが、このような信じられないニュースが、以前インターネットに流れていました。「イギリスで、強い偏頭痛に襲われた女性が、その後、話す言葉が中国語なまりの英語になってしまった。」というものです。実はこの症状にも、きちんとした病名が付けられています…「外国語様アクセント症候群」…彼女は全く中国にも行ったことがなく、今でも自分自身の発音が信じられないそうです。一般的に、頭痛自体が「原因不明の慢性的な症状」と考えられているため、「自然に治る」と思われているようです。しかし、そうでない頭痛もあることを、是非頭に留めておいてください。そうすることが、自分自身の命を守ることにも繋がるのです。

頭痛の分類・種類

偏頭痛という病気を探る No Comments

みなさんは、頭痛についてこう思っていませんか…「頭痛に種類なんてあり得ない。痛みも変わることはない。」と…それは大きな間違いです。頭痛による分類・種類は、明確に定義付けされているのです。まず、頭痛は大きく2つに分類することができます…症候性頭痛と機能性頭痛です。

○症候性頭痛…頭痛を引き起こす原因として、何か別の病気が関与している場合を指します。例えば脳疾患障害(脳内出血・クモ膜下出血等々)・副鼻腔炎・眼疾患といった原因によって、頭痛が引き起こされる…

○機能性頭痛…頭痛に悩まされているため、頭部を検査したとします。しかし、病的根源は全く見受けられない…つまり、病変はないにも拘わらず慢性的な頭痛に悩まされる症状を指します。そして機能性頭痛は、3つの種類に分類することができます…それは偏頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛です…

●偏頭痛…「ズキンズキン」と鋭い痛みが、頭部の片側に発症する症状を言います。「前兆のある偏頭痛」と「前兆のない偏頭痛」があり、酷い場合には吐き気・嘔吐を繰り返してしまうこともあります。また偏頭痛は、血管性頭痛とも言われています(血管性頭痛=頭皮の血管(動脈)の拡張が原因で、激しい頭痛を伴う症状)。
●群発頭痛…偏頭痛は10歳代(思春期)から発症しますが、群発頭痛は20~40歳代の男性に多く見受けられる激しい頭痛の症状です。群発頭痛の特徴として、片側の目(の奥)・側頭部に針で突き刺すような痛みを生じます。群発頭痛が酷い症状の場合、同じ側の目が結膜充血・流涙などの伴うこともあります。一度、群発頭痛を引き起こすと1~2時間で痛みは引きますが、その痛みが1~2ヶ月間続きます。そして1~2年の周期をおいて、繰り返される特質を持っています。
●緊張型頭痛…頭痛で悩まれている70~80%の人が、緊張型頭痛を発症していると言えます。普段、私たちも何気なく肩を触って、首をグルグル回し「今日は肩が凝ったなぁ。首も回すとゴリゴリ音も鳴る」…このように後頭部~頸部(首)・肩にかけて、筋の緊張状態によって起こる頭痛の症状を指します。偏頭痛のような鋭い痛み・吐き気・嘔吐は起きませんが、酷い症状の場合、頭を締めつけるような痛みを発症することもあります。

このように頭痛といっても、何気ない日常生活の中で起こりうる頭痛もあれば、脳血管障害の起因によって頭痛を発症するものまで、様々な種類があるのです。私たちが頭痛を発症した場合、こうした症状をチェックすることで予測をつけることは出来るかもしれません。しかし、頭痛が長期間続くようであれば、治療院でしっかり診察を受ける必要があります。

前兆のある偏頭痛・前兆のない偏頭痛

偏頭痛という病気を探る No Comments

頭のこめかみ部分を襲う偏頭痛…その偏頭痛は、「前兆のある偏頭痛」と「前兆のない偏頭痛」の2タイプに分類することができます。そして偏頭痛の割合として、「前兆のある偏頭痛」=15%/「前兆のない偏頭痛」=85%だと言われています。
「前兆のある偏頭痛」には、必ず頭痛が発症する前に「前触れ的変化」があります。その「前触れ的変化」とは、一体どのような感覚なのでしょうか。

○偏頭痛の前に光のフラッシュに包まれる[閃輝暗点(せんきあんてん)]…
閃輝暗点は、個人によって違います。「ステンドガラスのようにキラキラ光り輝く」「水面に太陽光が反射して光る」「星が無数に光り輝く」…ある種、メルヘンチックな光景が目の前を覆っていきます。そして20分~1時間後、強烈な偏頭痛に襲われる…(閃輝暗点=偏頭痛の前兆現象として現れる症状です。そして視野の片側、もしくは視野の中心部が見えにくくなります。)

○閃輝暗点以外の偏頭痛の前兆…
偏頭痛の前兆として現れる閃輝暗点は、約30%と言われています。そして約70%の場合、個人の微妙な体調変化でわかると言われています…「急にアクビの回数が多くなり、
眠たくなる」「肩こり・身体全体のむくみ・めまいに襲われる」「異常なほどお菓子などが食べたくなる」「情緒不安定(意識障害)=イライラしたり、落ち込んでみたり」「手足の痺れ・脱力感」等々…とにかく、個人によって様々な前兆があるようです。

ただし偏頭痛の前兆があったからといって、必ずしも偏頭痛を発症するわけでもありません。もちろん、治療院・医師の施術・薬物療法といった手助けもその一因だと思いますが…これも明確な原因は掴めていません。しかし閃輝暗点の規模が大きければ大きいほど、間違いなく偏頭痛は発症します。
また、海外で「前兆のある偏頭痛」患者に対する統計として、次のようなことが発表されています(女性対象者のみ)。「虚血性脳卒中や他の虚血性血管による死因が、頭痛持ちではない女性と比べて約2倍もある。」と…
そして「前兆のない偏頭痛」の場合、次の事が挙げられます。
「前兆のある偏頭痛」と比べて、頭痛の起こる回数が多い・痛みの度合いも激しい(脈打つような痛み)・頭を動かすと、吐き気をもよおすことも…とにかく、「前兆のない偏頭痛」は耐え難い痛みを発症するのです、それも頻繁に…(=鎮痛薬を飲まずに入られない)。
どちらにしても、自分自身で「どうも偏頭痛の兆候が見られると」と思ったのであれば、専門治療院に行くことをお勧め致します。その前に、偏頭痛に対してきちんとした理解をしたうえで…

偏頭痛について

偏頭痛という病気を探る No Comments

みなさんは、次のような光景を見たことがないでしょうか…駅の待合室で、女性が頭を抱え込むような仕草でうなだれ、全く動かない…
頭のこめかみ当たりを激しく脈を打つ(頭の後頭部が痛むケースも)…「ズキズキ」「ガンガン」(死ぬほど頭が痛い)…頭痛に悩まされている人でなければ、この症状・気持ちはわからないと思います。そして、いろいろな頭痛の中で最も厄介な症状…それが偏頭痛(片頭痛)なのです。

偏頭痛は10~20歳代(=思春期の頃)から、急に発症し出します(原因はわかっていません)。そして偏頭痛を発症してから、成人になっても悩まされ続けている割合は約8%もいるのです。…いわゆる「頭痛持ち」と言われている人たちです。また、偏頭痛は男性より女性に多く見受けられる症状で、その患者数は約4倍にも及ぶとも言われています(この原因も、未だ解明されていません)。

偏頭痛の大きな特徴として…
・偏頭痛は2通りのタイプに分類されます…「「前兆のある偏頭痛」と「前兆のない偏頭痛」…
・偏頭痛が始まると短い場合なら数時間、長い場合は数日間…偏頭痛に悩まされ続けます。
・偏頭痛が治まると、「それまでの痛みがウソ」であるかのように、完全に消えてしまいます。

偏頭痛はこうした特徴があるため、「痛み出した時だけ、鎮痛薬を処方する」「痛み始めたら、我慢し続ける」…実際、このように偏頭痛に対応している人が多いようです。ある意味、「鎮痛薬・我慢(できる痛み)」でコントロール出来るのであれば、問題はありません(それ以上悪化しなければ)。

しかし、偏頭痛を「たかが頭痛の一種に過ぎない」と、絶対に高をくくってはいけません。「痛みが頻繁に発症するようになる」「市販の鎮痛薬が効かなくなる」「毎日、鎮痛薬を処方するようになる(鎮痛薬中毒)」⇒つまり、日常生活を脅かすほどの強い痛み(ときには吐き気)(痛みの余り、寝こんでしまう)を、発症するほどの怖さも含んでいるからです。このような症状になるまでに、必ず治療院(施術のスペシャリスト)・医師に相談してください。とにかく、自分自身の判断のみで偏頭痛を解決してはいけないのです。
偏頭痛は、一生向き合っていかなければならない病気でもあります(残念ながら、現在の医学では「完治」に至っていません)。しかし偏頭痛に対して正しい認識をもち、上手く対応し続けることで偏頭痛を最小限にとどめ、より快適な日常生活を送り続けることもできるのです。

Hello world!

未分類 No Comments

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !