TOP > 偏頭痛と治療院 > 偏頭痛とカイロプラクティック

偏頭痛とカイロプラクティック

偏頭痛=側頭部が非常に強い痛みに襲われる症状⇒この偏頭痛の原因は、「頭部の神経・血管・筋肉」であると定義付けられています。それ故一般診療所では、頭の痛みを抑制する鎮痛剤が処方されています。また最近の薬物として「偏頭痛患者の約70%に効き目がある」とされる、トリプタン製剤が服用されるようになってきています。
確かに、これらの薬物は「その場の痛みを抑える」という部分において、非常に有効だと思います。しかし、次にまた偏頭痛が発症すれば、また薬を飲まざるを得ないのです…脳で頭痛を一瞬麻痺させる…こうした状態が何年も続けば、身体に良くないと感じるのは当然のことだと思います。

このように慢性的な症状を発症する偏頭痛を、根本から改善する手段はあるのでしょうか。
そこで、一考する価値がある療法をご紹介したいと思います。みなさんは、「カイロプラクティック」という言葉を耳にしたことがおありでしょうか。
カイロプラクティック=西洋医学の主流である薬物で病状を抑えるのではなく、身体全体の歪みを矯正することで神経の働きを良くし、自分自身の体内に隠されている薬=自然治癒力という薬に根差した施術を行っています。

偏頭痛に対するカイロプラクティックの施術方法として…まず「頭蓋骨の歪みが、偏頭痛の全ての根本である」と考えています。例えば右側の側頭部が痛ければ、右側の目が下がっていたり、逆に右側の口元(口角)が上がっていたりします(外観診断)。カイロプラクティックでは、頭蓋骨に対症療法をする訳ではありません。カイロプラクティックは、上部頸椎(頭部を支える骨)の歪みを矯正することから始めます。何故なら、上部頸椎の歪みを治せば神経の繋がりも良くなり、顔の表情に繋がっている三叉神経の働きも良くなります=結果的に、表情の目元・口元の歪みも治るからです(偏頭痛も改善)。そして、上部頸椎の歪みを矯正した後の状態を維持管理することで、偏頭痛は自力で克服することができるのです…もちろん、薬物療法は無縁です。

カイロプラクティックは、アメリカで飛躍的進歩を遂げてきた療法です。そしてアメリカ国民の間では、広範囲にわたって普及しています。しかし日本においては、あまり知られていない現況にあります。偏頭痛に苦しんでおられる方にとって、「病院内科だけが、偏頭痛に対する治療を行っている」わけではないということを、しっかり把握していただければと思います。カイロプラクティックは一般診療所とアプローチの仕方が違っていても、偏頭痛を治したいという想いは同じです。是非一度、カイロプラクティックの素晴らしい施術を体感してください。